医療系は花形理系仕事!…医薬翻訳者には何が必要なのだろうか?

医薬翻訳は、医学薬学分野に関する翻訳を専門に受け付ける職業です。
医療や製薬業界に関連した英語の文章を日本語に訳す、また日本で書かれた文章を英語に訳すというのが主な仕事です。
他の翻訳と比べると年収も比較的高めで、目指す人もじわじわと増えてきています。
そこで気になるのが医薬翻訳者になるには何が必要なんだろう?ということではないでしょうか。
英語能力はどのくらいあればいい?
専用の資格などはあるのだろうか。
という疑問についてお答えしますね。

医薬翻訳には英語力だけじゃないく調査力やライティング力も求められる

翻訳家にとって絶対に欠かせない能力は英語力です。
英語が理解できなければもちろん日本語に訳すことはできませんから。
それは医薬翻訳家にとっても同じことです。
外国語で書かれた文章を正確に訳す必要がありますし、その反対に日本語を外国語で正しく伝えるという作業も避けられません。
なら英語が得意ならなんとかなりそうだ、と思うかも知れませんが、翻訳家は英語力があるだけでは足りないです。
特に医療という正確さが求められる場では、曖昧な表現を極力避け、訳したことを正確にまた明確に伝えるライティング力も求められます。
また、専門知識を必要とする医薬翻訳では、専門用語を正確に理解する調査力も必要。
現在では、わからない言葉が出てきたら、インターネットを使って探せます。
知りたい情報を探し出す力もそうですが、その情報が果たして正しいのかどうか、その確実性を吟味するところまでが調査力です。
ということで、医療翻訳に必要な力は「英語力」「調査力」「ライティング力」の3つになります。

翻訳者登録制度により資格が必要になる可能性がある

翻訳の仕事は、一般的に翻訳会社を通して得ます。
仕事を依頼する企業から直接仕事を受けるケースは少なく、ほとんどの翻訳家はこうした会社を通して受注しています。
登録されるためには、書類審査と、会社が用意している「トライアル」と呼ばれるテストを受けて合格する必要があるんですね。
なので、この2つさえクリアすれば翻訳家として活動できるわけなのですが、医療に関する知識が全くない状態から医療翻訳家を目指す場合は、登録前に医療系の翻訳講座を受講するなど、ある程度の知識とスキルを身に着けておいたほうが後々有利になります。
それなら特別資格がいらないのでは?と思われるかも知れませんが、2017年4月から日本で翻訳者登録制度が立ち上がり、多くの会社がこの制度を利用し始めています。
この制度は、ISO17100という国際標準規格で、翻訳者の資格と力量について明確な立場を取っています。
つまり、今後資格が必須になる可能性が出てきているんですね。
これから医療翻訳家を目指すなら、こうした動きにも敏感になりながら、しっかりと準備をしていきたいところです。


おススメHP
医薬翻訳なら翻訳会社の『ボンズ・インターナショナル』へ
住所:東京都目黒区中根2丁目1−15
電話:03-5701-5953
ウェブサイト:https://www.bonds-inter.com/

粘度計のことなら理系男子にお任せ!基礎知識をわかりやすく説明します

みなさんは「粘度計」を使用したことがありますか。
なんとなくその存在は聞いたことがあってもあまりメジャーな存在ではないため、具体的にどんな装置かどんな風に測定をするのか、そのイメージを頭に思い浮かべられる方は多くないかもしれません。
確かに「物質の粘度」は触れることである程度把握することができますが、その詳細を数値として比較するためには本装置は欠かせません。
そこで今回はその詳細をわかりやすく紹介します。

そもそも粘度計とはなにをするものなのか?

理系大学に通ったことがない限りそもそも「粘度計」というものを触ったことがないという方が多いのではないでしょうか。
一方でこの名を聞けば誰もがわかる通りその役目は「物質の粘度」をはかるために使用するものです。
もちろん誰もが身をもって経験したことがあるかと思いますが、そんな粘度計が計測する「粘度」は見た目や手触りである程度把握することができます。
それこそ腕利きの職人さんや料理人さんが感覚的にその粘度を調整しているなどという話は聞いたことがあることでしょう。
しかし誰もがその粘度を正確に把握しほかのものと比較するときには「粘度計」がなければそのようなことは実現できません。
なお、「粘度計」は、基本的に物体がその装置の中を通過する時間を計測することで粘度を数値として算出しています。
より詳細を説明すると装置の部品が物質の中を落下する速度、あるいは抵抗などから算出しており、機器そのものに種類が多数存在します。

粘度計は測定する物質で選ぶのが重要です

計測器の中ではメジャーとは言えない「粘度計」には複数の種類があり、対象物質の粘度の程度に合わせてその種類を使い分ける必要があります。
この使い分けを見誤ると正確な粘度を把握できなくなってしまうので注意が必要です。
代表的なものとしては最も歴史が古い細い管の中に測定したいサンプルを通しその流量と細管の両端の圧力差から粘度を測定する「細管式粘度計」は水やオイルなどの低粘度のニュートン流体の測定での使用がおすすめです。
また、サンプルを満たしたガラス管の中に球体を入れて測定する「落球式粘度計」の場合水のようなさらさらなものからはちみつのようなやや粘度の高いものまで広範囲の物質の測定が可能です。
そして現在世界標準として使われているのは「回転式粘度計」です。
その名の通り測定したい物質の中で粘度計が回転しその抵抗から粘度を算出します。
その最大のメリットは回転体部分の形によりさらに細かい種類に分かれておりさまざまな物質の測定が可能であるとともに簡易なものから精密なものまでレベル分けした評価をできる点にあります。


医者の知り合いが語ったおすすめの豊胸手術手法

豊胸手術にはかなり興味がありますが、不安としてはリスクが大きいという所です。
自分の好きな形、好きな大きさにできるのは良いですが、メンテナンスが必要な事も有るでしょうし、崩れて来たりしないのかなというのもあります。
しかし医者に知り合いがいるので聞いてみるとおすすめの手法というのもあったので、やりたいという女性は参考にしてみると良いのではないでしょうか。
豊胸って変身出来る凄い技術ですよね。
整形する女性に関しては自分は抵抗はありません。

手術にリスクはつきもの

手術は、何をするのにもリスクが付き物です。
ちょっとした事でもそれを分かった上で受ける事は必要ですし、そのために承諾書的なものに記入するというのもあります。
自分は実はまだ手術をしたことが有りませんが、親が手術をした時に、万が一何かが起こったとしてもどうたらこうたらと書かれていたところに母親がサインをするところを見て、子供心ながらに少し怖かった記憶がありました。

豊胸手術は美容外科クリニックでの手術でかなり人気が高く、女性のシンボルでもある胸を大きく出来る内容なので年々受ける方が増えているようです。
知り合いも言っていましたが、今は注射を利用して豊胸する方法やシリコンを入れる方法もあって、予算やニーズに合わせて選ぶことが出来るそうです。
勿論リスクが少ないのは注射ですが体内に吸収されてしまうので持続性は有りません。
それを考えるとシリコンを入れる手法がお勧めだと言っていました。
しかしリスクはあるそうです。

医師の経験がものをいうらしい

美容外科クリニックでは、今様々な事が出来ますし、医療の力を美容にも応用されているところがとても多いです。
その中でどこのクリニックを選ぶかというのも有りますし、どんな医師に胃お願いするかというのも重要なポイントです。

医師の経験によって、同じ内容の手術を行うとしてもアプローチ方法や技術が異なるので、経験が多い医師を選ぶのがおすすめだと言っていました。
しかしこの医師なら安心というのを見つけるのは意外と難しいかも知れません。
最近ではネットの口コミサイトなども充実していることもあり、実際にそこで受けた人の話を聞くことも調べることも出来るので体験談なども参考に、クリニックや医師を選んでいうと良いでしょう。

私も何か病気になった時には名医と言われる医者から治療をしてもらいたいですし、そのためには口コミなども参考にしてみようかなと思っています。
シリコンを入れる豊胸は、高額な費用も掛かりますしクリニック選びから始めてみましょう。


理工学部では「autocad lt」の出番多数!

autocad ltは建築や機械工学だけでなく、土木など理系全般の学部で利用されることが多いCADソフトウェアのことです。
autocad ltは理系の学部では実習や実験などで頻繁に利用することが多く、卒業後も仕事で利用することが多いです。
理学と工学を双方から学ぶ理工学部でも例外ではなく、物質を多面的にアプローチできるようになります。
autocad ltでは基盤や構造物の開発、開発段階のデザインの耐久性能や形状に必要な材料などを数値で把握可能です。

実習で使いまくり!

理工学部の中でも基盤の開発やマイクロコンピュータを使用したガジェットの開発を行う際には、予めautocad ltでシミュレートした上でプリント基板製造会社に外注したり、独自に製造を行ったりします。
いきなり思案した基盤やガジェットを素手で作っているようでは失敗の元です。
まずはautocad ltで様々なシミュレートを行うことで開発段階の基盤で設計上の問題がないかをチェックする必要があります。
理工学部ではこのような実習の授業が非常に多く、autocad ltを使いこなせるかどうかで単位の取得のしやすさが変わってくるのです。
そのため予めautocad ltを手元のパソコンにインストールして操作方法に慣れておくと良いでしょう。
誰でも無料で利用できるバージョンなので、個人の利用で商用利用しない限り問題はありません。
使用できるツールも豊富で、プラグインも用意されているので機械や建築関係の開発で困ることは無いです。

「技術を身につけてる感」が楽しい!

autocad ltは無料で利用できるソフトウェアですが、データの編集の際に使用できるツールが豊富に用意されていて、直感操作で基盤や建築物の設計図を作ることができる点から趣味としても非常に楽しく開発ができます。
もちろん作った設計図を使用して基盤の開発会社に外注することも可能です。
特に大学で学んだ技術をすぐに実践できるので、技術を身に着けている感覚があります。
更に、autocad ltを使用してCADの使い方になれることによって、就職でも有利になります。
履歴書や面接時にautocad ltを使って様々なガジェットや建築物の設計図を開発した経験を報告すると、採用の確率も向上するでしょう。
これからは大学で学んだ知識は知識のままにしておくのではなく、実技として使えなければ意味がありません。
知識を実技に応用できるようにするためにも、このようなソフトウェアを使用して現場で使える技術を徹底的に身に着けていくことが重要になります。